FXでの失敗は、こんなものがあります。

私はFXの取引を3年ほど行っています。
最初はビギナーズラックで、小さいながらも取引ごとに利益をあげることが
できていたのですが、最近は、なかなか難しいことがありました。
FXで、大きな赤字を出さない方法は、損が出そうになったら、早めに損ギリする
ということなのだということを勉強していたのにもかかわらず、売らなければ損失が
現実のものとはならないという逃げの気持ちから、売らずにキープしていたのです。
その結果、恐れていた自動決済が起こってしまって、結果として大きな損失が
表面化してしまいました。
ここでの教訓ですが、こまめの損ギリは、結果として自分の取引全体を健全なものとして保つための鉄則であるということです。
逆にこまめに損ギリをしながら、
流れに任せて売り買いをしていくと、徐々にではありますが、利益を多く得るように
なったのです。
ちょっとした勇気があれば、FXはうまくいきます。
損ギリの勇気を忘れずに持ち
続けたいものですね。

コメントは受け付けていません。