FXをするにあたって大事なことを友達に教えてもらいました

今のご時世、貯金をしても利息はほとんどつきません。
銀行や郵便局に預けていれば、多少は無駄遣いをしなくてすみますが、
コツコツためても老後の資金とまではいかないのが現実です。
それだったら貯金以外に、まとまったお金を有効に使う手段はないかな、
と考えている時に、友達にすすめられたのがFXでした。
その友達のFX歴はとても長いらしく、役立つことや実践的なことを教わりましたが、
一番「ここは絶対に大事だから!」と、強く念を押されたことがあります。
それは、はじめの頃は高いレバレッジで取引しない事です。
最初からうまく取引ができる人間はいません。
それはFXでも同じことで、高いレバレッジは命取りになるといわれました。
いくつかの失敗と成功を繰り返して、自分なりに手応えを感じるようになってから、
ゆっくりとレバレッジをあげていくのが大切だそうです。
そして、FXはあくまでも臨時収入として考えろ。
ともいわれました。
臨時収入なら入ってきても、「やった。
ラッキー」ぐらいで終わりますが、
もしこれが生活に必要な費用だったりすると、そうはいきません。
冷静な判断はとても大事な要素だから、
お金に余裕がある時に、臨時収入としてFXをするのがベスト。
と友達は言っていました。
そして彼女に言われたとおりにまず、レバレッジ1倍からはじめたのですが、
本当に失敗と成功の繰り返しでした。
でもそのおかげで、自分がどんな場面に弱く、どんな時に失敗するのかわかってきたので、
今は少しずつですが利益がでるようになってきました。

コメントは受け付けていません。